2020年5月23日


 

初蝶を追う童心のスニーカー

味噌汁に春菜を落とす妻の留守

人間よそこのけ往来夏つばめ

盛り皿にいただく土地のさくらんぼ        (みのる)





President_Donald_J._Trump_April_16__2020_810_500_75_s_c1.jpg

■トランプ大統領、州に教会を再開するよう要求する:「もし従わなければ私はその知事を解任する」

―「人々は、教会、シナゴーク、モスクへ行くことを要求している、多くのアメリカ人にとって礼拝は人生にとって不可欠なだ要素だ」とトランプは言う。

ワシントンDC、2020年5月22日(LifeSiteNews)–ドナルドトランプ大統領は本日、礼拝所を「不可欠な礼拝を提供する不可欠な場所」と宣言し、礼拝所はすぐさま開かれなければならず、それに反対する知事は自分に説明しなければならないと語りました。

「知事は正しいことを行い、これらの非常に重要な信仰の不可欠な場所を今週末に直ちに開く必要があるます。そうしなければ、私はその知事を解任します。アメリカでは、もっと多くの祈りが必要です。」

大統領に州知事を解任する権限があるかどうかは別にして、大統領がそう口に出したことに意義があるでしょう。(ポストマン)


2020年5月22日


 

IMG_2901_810_500_75_s_c1.jpg

中国のバイオテクノロジー企業、ダウン症の子供たちを、金儲けの手段として「排除」することを誇る

中国、深圳2020年5月21日(LifeSiteNews)–中国のバイオテクノロジー企業の女性スポークスマンは、世の妊娠中の親が、ダウン症の子供が生まれる前に「選別」する手助けをすることは会社にとって「現金牛(cash cow)」であると自慢気に語りました。(ポストマン)


2020年5月21日



典礼秘跡省長官ロベール・サラ枢機卿

Cardinal_Sarah_2_810_500_75_s_c1.jpg

LifSiteNews―5月20日ーサラ枢機卿は、コロナ危機は、教会は「世間的組織である」と考える、教会を「蝕んでいる病」を露呈させたと語った。(ポストマン)



2020 年 3 月 30 日付の典礼秘跡省「教令」(Prot. N. 155/20)に添付
聖金曜日 主の受難

盛式共同祈願

9b 感染症の世界的流行に苦しむ人のために
感染症の世界的流行によって苦しむすべての人のためにりましょう。わたしたちの主である神が、病の床にある人をいやし、病者の世話をする人々を力づけ、嘆き悲しむ家族を慰め、亡くなったすべての人に救いを与えてくださいますよに。

しばらく沈黙の後、唱える

全能永遠の神よ、人が力を失うとき、支えてくださるのはあなただけです。
感染症の世界的流行によって苦しむあなたのすべての子らを顧みてください。
あなたの恵みによって、病気の人の苦しみが和らげられ、患者の世話をする人が力づけられ、亡くなった人に永遠の安息が与えられますように。
この苦難の時を過ごすわたしたちが、あなたのいつくしみ深い愛に慰めを見いだすことができますように。
わたしたちの主イエス・キリストによって。アーメン。
*歌唱する場合、招きの太字で音が変わります。
2020 年 4 月 7 日 日本カトリック司教協議会) ポストマン


2020年5月20日



トランプ大統領、WHOに最後通牒

Trump_flag_810_500_75_s_c1.jpg

18日、アメリカのドナルド・トラン王大統領は、WHOが向こう30日以内に実質的に改革されなければ、一時的資金援助停止を恒久的なものとする旨の書簡をテドロス事務局長(55)に送り付けた。

世界保健機関(WHO)のテドロス事務局長(55)は、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)のパンデミック(世界的な大流行)への対応をめぐり、ドナルド・トランプ(Donald Trump)大統領に中国寄りすぎると非難されている。(LifSiteNewsより ポストマン)



真実が暴露されかかるとマスコミは火消しに躍起になります

220px-Bill_Gates_June_2015.jpg

「AFP=時事】新型コロナウイルスの流行が始まって以来、米マイクロソフト(Microsoft)の共同創業者で慈善活動に熱心なことで知られる富豪のビル・ゲイツ(Bill Gates)氏を標的にした誤った主張が、インターネット上で増加している。専門家らは、こうした流言飛語は新型ウイルス感染予防対策を妨げる可能性があると警告をしている。」(YAHOO!ニュースより ポストマン)

ミサ再開
イタリアでは18日から州内での移動が原則自由となり、レストランや美容院などの営業が始まりました。感染拡大が深刻な北部のミラノでも大聖堂への入場が認められたほか、ブランド店などにも買い物客の姿が戻ってきました。バチカンにあるサンピエトロ大聖堂もマスクの着用を義務化したうえで一般開放が再開し、ミサが執り行われました。ただ、イタリアメディアによりますと、ローマ中心部では約9割のレストランが再開していないということです。(テレ朝ニュースより ポストマン)


2020年5月19日


昔を思い出すことを避けていた。

何も知らなかったから。

久しぶりに思い出した。

あの頃の気持ち。

今の私にはまぶしいほどのあの気持ち。

主のみ旨が行われますように。

そして、少しでもそのお手伝いができますように。(匿名)



2020年5月17日


Coronavirus_lab_testing_810_500_75_s_c1.jpg

新コロナウィルスが人工的に作られた可能性の証拠
2020年5月16日(LifeSiteNews)–オーストラリアの科学者のチームが、COVID-19を引き起こす新規コロナウイルスが、動物細胞ではなくヒト細胞への侵入に最適化されているという新たな証拠を提出しました。人間に入る前に、代わりにそれが実験室で開発されたことを示唆しています。(ポストマン)


powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM