便利2

2020年12月20日

やはり奇跡でしょう!

下の2015年12月15日の「匿名」さんの記事に関して、ご当人からその後メールが寄せられました。

「奇跡などではなかった。削除してもらいたい。主任司祭は単に教皇フランシスコに忠実に、その勧めに従っただけだった」という内容のメールでした。

メールには、カトリック中央協議会のホームページからのコピーと思われる、「10月はロザリオをー教皇が呼びかける」と題する文が添付されていました。その日付は2018年10月1日となっています。つまり、今から約2年前に公になった文章です。

その中で教皇フランシスコは確かに「古来の聖母への祈り「Sub tuum praesidium」(スブ・トゥウム・プレシディウムー終業の祈り)と、悪との闘いでの保護と助けを願って「大天使聖ミカエルに向(むこ)う祈り」を唱えるよう勧めています。

「匿名」さんの教会の主任司祭が信徒に祈るよう薦めたのは「大天使聖ミカエルへの祈り」ですが、同じ聖ミカエルに対する祈りです。

ここで注意すべきことは二つあります。一つは教皇が大天使聖ミカエルに向う祈り」を祈ることを勧めてから2年以上経ってから主任司祭が信徒に「大天使聖ミカエルへの祈り」を祈るよう勧めたことと、日本の教会で教皇フランシスコの勧めにしたがって信徒に大天使聖ミカエルに対する祈りを祈るよう勧めた司祭は、私の知る限りいないと言うことです。(もっともこれは全国的に調べた訳ではもちろんありませんが)

なぜ、匿名さんの主任司祭は、2年前に教皇フランシスコがその声明を発した時にすぐに従わずに、2年以上も経った今信徒に聖ミカエルへの祈りを勧めるに至ったのか。

私はその主任司祭が単に教皇フランシスコに忠実であると言うよりか、その2年のあいだに司祭に霊的変化があったとみています。つまり聖霊が働いたのです。つまり恵みです。

その恵みをもたらしたのが、匿名さんが毎日その主任司祭のためにロザリオ一連を祈っていることと関係ないわけはありません。また匿名さんが「大天使聖ミカエルへの祈り」を毎日唱えていることとも無関係ではありません。

恵みとはそのように働くものです。

いずれにせよ、今日の日本のカトリック教会で、たとえそれがどんな理由でであれ、小教区の司祭が信徒に「大天使聖ミカエルへの祈り」を唱えることを勧めるということ自体、奇跡以外の何ものでもありません。

ではなぜ、ベルゴリオは大天使聖ミカエルの祈りを全世界のカトリック信徒に唱えることを勧めたのか。それは、彼が大天使聖ミカエルの祈りの強力さを信じていないからです。

ベルゴリオの不信仰を、天が善のために利用したと言えるでしょう。なぜなら、主任司祭が信徒に「大天使聖ミカエルへの祈り」を唱えることを勧めること自体、教会にとっても、天にとっても、善であるに違いないからです。(ポストマン)



2020年12月15日

■「奇跡?

今日のミサで出席者全員に「大天使聖ミカエルへの祈り」のカードが配られました。こんなことは初めてですが、とても好きな祈りなので嬉しくてすぐにバッグの中にしまいました。

そのカードの祈りについて神父様から話がありました。

「教皇レオ13世はビジョンを見たり当時の教会内部の悪と戦われた。現在の教会の中にもいろいろな問題があるのでこの祈りを唱えてください。ロザリオの後にこの「大天使聖ミカエルへの祈り」と以前使われていた公教会祈祷文のなかの「終業の祈り」を加えるように。第二バチカン公会議の後この大天使聖ミカエルへの祈りはミサの中では唱えられなくなったが廃止になったわけではありません。この祈りは非常に強力な祈りです。」

今日のように、昔からある伝統的な祈りを神父様自ら勧められることはいままでなかったことです。

この教会では数年前までミサの後に「終業の祈り」を皆で唱えていましたが、なぜかある日突然それが中止になりました。中止になってからも始めは数人の信者が祈る声がしていました。それが日が経つにつれ次第に聞こえなくなりました。きっと心の中で祈っておられるのでしょう。

私も毎回ミサの後に小さい声でずっと祈ってきました。

ここ数か月は教会のために「大天使聖ミカエルへの祈り」も唱えていました。

そしてその神父様のためにロザリオをほぼ毎日一連ずっと祈ってきました。

今日はその三つの祈りを1セットにして「祈ってください」と神父様ご自身がおっしゃったので、飛び上がるほど驚きました。聖母に心から感謝しました。(匿名)

終業の祈り」
天主の聖母の御保護によりすがり奉る。▴いと尊く祝せられ給う童貞、必要なる時に呼ばわるを軽んじ給わず、かえってすべての危うきより、常にわれらを救い給え。アーメン
。(五年)



powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM