ドットコム

ドットコム

images (25)

ドットコムさんは性別不明です

2017年10月11日



シンギュラリティ

「基本的な概念
技術的特異点(ぎじゅつてきとくいてん、Technological Singularity)とは、未来研究において、人類の技術開発の歴史から推測して得られる未来のモデルの正確かつ信頼できる限界(「事象の地平面」)を指す。「強い人工知能」や人間の知能増幅が可能となったときが技術的特異点になると考えられている。フューチャリストらは、特異点の後では科学技術の進歩を支配するのは人類ではなく強い人工知能ポストヒューマンとなり、従って人類の過去の傾向に基づいた変化の予測モデルは通用しなくなると考えている。

この概念は、最初に数学者ヴァーナー・ヴィンジと発明者でありフューチャリストであるレイ・カーツワイルにより提示された。彼らは科学技術の進展の速度が人類の生物学的限界を超えて意識を解放することで加速されると予言した。この意識の解放は人間の脳を直接コンピュータネットワークに接続することで計算能力を高めることだけで実現するのではない。それ以上にポストヒューマンやAI(人工知能)の形成する文化が現在の人類には理解できないものへと加速して変貌していくのである。」―『シンギュラリティとは何か』より。強調引用者(ドットコム



感想
「10月11日 ドットコムさん。シンギュラリティに到達したときに、反キリストの統治や獣の印(マイクロチップ)が始まるのでしょうね。世界政府の支配が―2017年10月13日(希望)


2017年10月13日



IoT

「みなさんは、最近各種メディアを賑わしている「IoTとは何か?」について明確に答えられますか?「Internet of Things」の略で、よくある解説の言葉を借りれば「モノのインターネット」と訳します。パソコンやスマホなどの情報通信機器に限らず、すべての「モノ」がインターネットにつながることで、皆さんの生活やビジネスが根底から変わるというのです。」

「個人の生活においては、冷蔵庫や洗濯機がインターネットにつながることかもしれないという一方で、生産現場においては工場のラインがインターネットにつながることや、物流におけるトラックがインターネットにつながることであったりします。」

「IoTビジネスにおいては、以下のサイクルが基本的な流れとなります。
① 「センサー」でモノから情報を取得する(センシング)
② インターネットを経由して「クラウド」にデータを蓄積する
③ クラウドに蓄積されたデータを分析する。必要であれば「人工知能」が使われる
分析結果に応じてモノがアクチュエートする(ヒトにフィードバックする)」

―『東洋経済』より。太字引用者(ドットコム


感想
「10月13日 ドットコムさん。IoTの究極の形、目的は人間でしょう。獣の印であるマイクロチップを人体に植えこむことによって、人間をインターネットに繋げ、人工頭脳で奴隷的に支配する反キリストの統治の実体でしょう。(希望)2017年10月14日


2017年10月17日''



バイオテクノロジー(生物工学)

デジタル大辞泉の解説

「バイオテクノロジー(biotechnology)
生物の行う化学反応、あるいはその機能を工業的に利用・応用する技術。遺伝子の組み換え細胞融合酵素を扱う技術が含まれ、発酵・新品種育成・環境浄化などに利用。生命工学。生物工学。」

クローン技術遺伝子組み換え作物などでは、倫理的な側面や自然環境の面で、問題のある分野でもあります。(ドットコム


感想
「10月17日 ドットコムさん。反キリストとその手下どもは世界中ですでにおびただしい数のクーロン人間を作っているんでしょうね。そのクーロン人間が成長して最終的な善と悪の戦いにおいて悪の戦力となって獣に尽くすのでしょう。でも私達には生ける神の印、聖母マリア、天国の天使、聖人がついています。天のロザリオで闘えます。十分邪悪な科学に対抗できます!」(すみれ)2017年10月18日































''



















































































a:297 t:1 y:0

powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional