FrontPage

ここ数日の投稿




yjimage (4)




2017年9月19日



メッセージ
ひねもす読みて眼を閉じる
浮かぶ小舟は
永久(とわ)の波間に

(明子)


ももちどり
私の気持ちをおける場所
作ってくれてありがとう

(さち)


ここ掘れワン!
ここ掘れツー!
ここ掘れスリー!

(三瓶)




今日寄せられた感想

「9月18日 明子さん。イエズス様のはりつけが私達の罪と関係あるということをつい忘れがち」(レリック)

         

☆☆☆




2017年9月18日



帰り際に
ふと振り返り仰ぎ見れば
わが罪ゆえの
嗚呼磔刑像

(明子)


感想「9月18日 明子さん。イエズス様のはりつけが私達の罪と関係あるということをつい忘れがち」(レリック)2017年9月19日


「こんなもの」と吐き捨てながらも返さなかった
あのメダイは今も持ってる?

(さち)


☆☆☆


今日寄せられた感想

「9月16日さちさん。そこはにらみかえさず、前回の聖母の微笑みでお願いします。」(あお)
「9月16日エリィさん。愛が繋がっていく、心温まる良いお話ですね。」(あお)
「9月17日の三瓶さんへ  目に浮かびます(笑笑笑)」(さつき)
「9月17日 明子さん。はやく下ろしてください、って祈ったらだめですよね」(レリック)
「12日の静香さんへ。何かを為すには遅すぎるということはないのですね、強い意志さえあれば。それにしてもすごい人です。」(ポテチ)
「9月17日 さちさん。絵本のような歌です」(小百合)
「9月1日のエマさん。ディ○○にカトリックの信仰があったなら、盗み以外の道は必ず開けたと思う。やはり信仰は現世での救いにもなると思う」(小溝)




2017年9月17日



神の御手(みて)
下ろされるまでの
悪事かな

(明子)


感想「9月17日 明子さん。はやく下ろしてください、って祈ったらだめですよね」(レリック)2017年9月18日


柿食えば
入れ歯鳴る鳴る
そんな爺(じい)

(三瓶)


感想「9月17日の三瓶さんへ  目に浮かびます(笑笑笑)」(さつき)9月18日 


ロザリオをつぶやきながら歩く道
空いちめんが聖母の青いろ

(さち)


 感想「9月17日 さちさん。絵本のような歌です」(小百合)2017年9月18日


   

☆☆☆


今日寄せられた感想

「「9月16日 エリィさん。親子、仲が良いですね。自分もむかーし、母親と喫茶店に入ったことあります。一度だけ。」(大介)
「9月16日 明子さん。暗いイメージです.劇画タッチですね」(レリック)





2017年9月16日




今日は子どもの学校が休みでしたので、一緒に買い物に行きました。重いものを買うつもりでしたのでついてくるように頼みました。

車で大きなショッピングセンターに向かう途中、脇道から本線に入ろうとしていたタクシーがいたので、道を譲り入れてあげました。子どもが「ほう、親切だね」と言いますので、「因果応報っていうじゃない。仏教用語の。良いことをしたらいつか自分に良いことが起こるっていうじゃない。」などと話しました。子どもは、軽くふっと笑っていました。まあね、という感じで。

ショッピングセンタ―の屋上駐車場に車を止めてエレベーターで一階に降りようとしたら、70代ほどの夫婦が「待ってください」といいながら乗り込んできました。子どもが、扉を開けたまま待っていました。奥さんの方が、「ありがとうね。助かりました。あなたは良いことしたから今日は何か良いことがあるかもしれないよ」とニコニコしながら子どもに話しかけてこられました。ん?どこかで聞いたような話だなと思いながらも、私たちと老夫婦は宝くじでも買いましょうか?などと言いながら笑いながら一階に降りました。

買い物をする前に子どもとジュースでも飲もうと思い、センターの中にある喫茶店(カフェといいますね)に入ろうとしたら、先ほどの老夫婦がブランチをとろうと同じ店に入るところに遭遇したのです。奥さんの方が子どもに向かって何か手渡しています。それはその店のポイントカードで、たくさんあるからと言って3枚握らせてくれたのです。飲み物が無料になるというポイントカードで、その3枚で総額1800円ほどになります!それを子どもに握らせてくれたのです。

子どもは遠慮していたのですが、私はありがたくいただきました。そのポイントカードを今日は使わせていただきました。お茶だけ、というのは何となくお店に対して気が引けたので子どもにはチョコクロワッサンを注文しました。子どもにとっては想定外のご褒美でした。子どもは「こんなに早く良いことが起きるなんて。もっと何年もまわってから来ると思っていたよ」と言いました。そんなに何年も、お母さんは待てません。

あ、そのポイントカードはまだ私の財布の中です。子どもに渡しておきます。良かったね、〇ちゃん。(エリィ
感想「9月16日 エリィさん。親子、仲が良いですね。自分もむかーし、母親と喫茶店に入ったことあります。一度だけ。」(大介)2017年9月17日
「9月16日エリィさん。愛が繋がっていく、心温まる良いお話ですね。」(あお)2017年9月18日
;


☆☆☆




胸に抱く
涙に濡れし聖母像
扶け給えと
よろめく廊下

(明子)


感想「9月16日 明子さん。暗いイメージです.劇画タッチですね」(レリック)2017年9月17日

青い葉マーク
あおる車に彼は素直
代わりに私が
にらみかえす

(さち)


「9月16日さちさん。そこはにらみかえさず、前回の聖母の微笑みでお願いします。」(あお)2017年9月18日


☆☆☆


今日寄せられた感想
「9月13日 静香さん。新聞記事の様にリアルです」(登)
「9月15日 あおさん。反対のお年寄りもたくさんいます。現代主義が頬にこびりついているような昔からのお年寄りが。しかし、率先して現代主義を押し進めているのは中年の御婦人方。うちの教会では」(登)



2017年9月15日



●希望の光●

平日、ある教会の朝ミサに与った時のことです。

その教会は、中央に磔刑の十字架とご聖櫃があり、平日でも神父様が説教をして下さる、素朴な良い教会でした。

平日の朝ミサですから、私の他に女性4人しか与る方はいませんでしたが、そのうちの1人のご高齢の方がベールを被り、御聖体を舌で頂いていらっしゃいました。

御ミサが終わり、その女性は「あなたは昔からの信者?」と話しかけてきました。

50年前、アメリカ人司祭に「神様の仰ることは変わらない」と言われたそうです。白衣つまりベールをつけなさいと洗礼を受けた時言われたことを、神様が仰ったことと考えているから、いろいろあるけれど、今もベールを被り続けている、と笑顔でベールを被っている理由をお話し下さいました。

このように、忠実に教えを守っている方に出会えたことで、希望の光を感じ、こちらが励まされました。

それと同時に、この女性もその教えを守ることにより、苦労されているように感じましたので、聖母にお護り下さいますように祈りました。(あお)




感想「9月15日 あおさん。反対のお年寄りもたくさんいます。現代主義が頬にこびりついているような昔からのお年寄りが。しかし、率先して現代主義を押し進めているのは中年の御婦人方。うちの教会では」(登)2017年9月16日



☆☆☆



鳥鳴きて
空赤く染む暁に
かすかに動く聖母像の口

(明子)


☆☆☆



初心者の
彼の運転私はとなり
怖いけれども
聖母の微笑み

(さち)


☆☆☆



今日寄せられた感想
「夏空さんの写真。わっかりました!アップですね。」(小百合)2017年9月15日
「9月14日明子さん。この59の珠、ロザリオを作るためにとっておいたのか、信仰を棄ててロザリオを壊した名残りか。もちろん前者だと思います。なぜなら、信仰を棄てたなら、ロザリオごと捨てると思うから」(レリック)2017年9月15日



 

2017年9月14日



画像の説明

14年ぶりに見つかった島原の乱関連の古文書群。天草四郎を目撃したという情報が記される






(西日本新聞 6月27日)

天草・島原地方で起きた島原の乱(1637~38年)で、キリシタン農民たち一揆軍を率いた天草四郎を目撃したという古文書群が、14年ぶりに熊本県苓北町で見つかった。所蔵していた民間のキリシタン資料館「天草郷土資料館」(天草市本渡町)が2003年に閉館した際に行方が分からなくなっていたが、館長を務めた故錦戸宏さんの遺族が保管していることが判明した。謎に包まれた四郎の実在を裏付ける貴重な史料として、再び注目されている.。

古文書群は、熊本藩や久留米藩が江戸幕府の大坂城代や目付に宛てた報告書など美濃紙48枚で構成される。1985年に苓北町の旧家で見つかり、天草郷土資料館に展示されていた。

このうち、熊本藩家老の長岡監物(けんもつ)が大坂城代の阿部備中守に宛てた四郎の目撃情報は、四郎の様子を詳述する。久留米城下の洗(あらい)町から来た商人の与(よ)四(し)右衛(え)門(もん)は1637年11月14日から16日まで本渡町に滞在中、乱に巻き込まれた。3600人の一揆勢は、富岡城番代の三宅藤兵衛(唐津藩)を討ち取るなどして勝利。与四右衛門は実際に見た合戦を、次のように証言した。

「キリシタン軍は14日、本渡へ陸と海から攻め寄せた。四郎は舟で本渡町茂木根(もぎね)に上陸、馬に乗る。白い絹の着物とはかま姿。頭には苧(からむし)を三つ組みに緒(ひも)で留め、額には小さな十字架を立てていた。手に御幣(ごへい)を持ち、軍を指揮していた」「翌15日、島原から一揆軍の応援に来ていた大膳(宿泊先の主人)らと舟ばたへ行くと、四郎は島原藩主・松倉勝家から奪った舟に乗っていた」(以上、要旨)

与四右衛門は商人の立場で自由に往来し、四郎を間近で見ることができたとみられる。1986年に古文書群を調査した五野井隆史東大名誉教授(キリシタン史)は「生々しい見聞は、島原の乱と天草四郎を知る上で貴重な史料だ」と評価。「物語的な話が先行しがちで謎多き少年だが、四郎は実在したとみていいと思う」と話した。

この記事は2017年06月27日付で、内容は当時のものです。(静香)



感想「9月13日 静香さん。新聞記事の様にリアルです」(登)2017年9月16日



☆☆☆



ミゲルとは
信仰保ちロザリオの
59の珠密かに備え

(明子)

感想

「9月14日明子さん。この59の珠、ロザリオを作るためにとっておいたのか、信仰を棄ててロザリオを壊した名残りか。もちろん前者だと思います。なぜなら、信仰を棄てたなら、ロザリオごと捨てると思うから」(レリック)2017年9月15日



☆☆☆



今日寄せられた感想

「9月13日明子さん。良いイメージです。しかしこんな場所日本にあるんかい」(レリック)2017年9月14日



2017年9月13日



遠い思い出があります。

幼い、まだ歩き始めたころの思い出ではないかと思います。
生前、母に聞いたことがありますが、そうだよ、という答えでした。家が線路際近くにありました。
その風景が、周りが芝生地帯のような場所で、地平線にそれが連なり、そこを線路がまた、遠くどこまでも伸びて、景色の中に消えてゆく、といった感じです。
日本にそんな場所はないのでは。
子供の頃見た、アメリカ映画の中、カリフォルニアのサリナスバレー(確かそんな名前だったと記憶していますが、まちがいかもしれません)に、それと似たような景色が出てきて、その印象が自分の思い出の景色に強い影響を及ぼしました。
その景色を思い出そうとすると、その映画のシーンが凌駕してくるのです。その、景色と相まっていつも思い出すのは、わが家一帯が火事に見舞われ、近くの中学の体育館に避難したときのことです。
私は体育館の一角に座る母を目指して駆け寄ります。
母が私を叱ります。
「棒を加えたまま走ってきて転んだらどうするの!棒がのどに突き刺さって死んでしまうのだからね!」
アイスキャンデーの棒か何かを口に含んだまま走ったのだと思います。それ以前の思い出はないようです。
しかし、自分がまだ赤ん坊の時のものではないかという思い出が一つあります。
誰か太ったおじさんが、自分に「あきぼー」と言って笑いかける思い出です。
(明人)



☆☆☆



秋の夜
虫の音照らす月明かり
遠く競うは
ロザリオの声

(明子)

感想「9月13日 明子さん。良いイメージです。しかしこんな場所日本にあるんかい」(レリック)2017年9月14日



☆☆☆



2017年9月12日




2017年9月7日の明子さんの投稿見て、この新聞の切り抜きを投稿します。こういう老人もいます。どの新聞かはもはやわかりません。

金沢 利翼(としすけ)さん(77)
通算9回の日本一に輝くボディビルダー。朝からステーキを平らげるスーパーマンを想像していたが、「食べるのは『純日本食』。50歳からは、肉は一切れも口にしていません」。

毎日2時間を超えるトレーニングに加え、食事は玄米や十六米に納豆など大豆製品、卵入りみそ汁を取り、肉や魚、乳製品は一切食べない。「肉を食べなければ筋肉は鍛えられないという常識を覆し、日本人には日本食が最も適していることを証明したい」と話す。

競泳選手だった学生時代、体力強化のため始めた筋力トレーニングの魅力に取りつかれ、20歳で本格的にボディービルの道へ。4年後に日本選手権で優勝、世界選手権でも4位入賞を果たし、34歳で引退した。

病気がちの妻を元気づけようと、50歳で競技復帰を決意。「戦時中、食べ物は芋の煮物や団子汁ばかり。でも、周囲のお年寄りは皆元気だった」と思い出して以来、昔ながらの日本食材を使った粗食を貫き、いまだ病気知らずだ。

57歳で再び日本一に輝き、昨年も優勝。(年齢別部門があるのだと思いますー投稿者)「99歳まで現役」が夢だ。【和田崇】(静香)




感想「12日の静香さんへ。何かを為すには遅すぎるということはないのですね、強い意志さえあれば。それにしてもすごい人です。」(ポテチ)9月18日 



☆☆☆



信仰を
支えに今日も歩む道
視界定まらず
茫洋たる未来

(明子)

感想「未来はニューエラです」(レリック)2017年9月8日



☆☆☆



今日寄せられた感想

[9月11日静香さん。今回の調査で、天正遣欧使節で唯一棄教したと言われていたのが、違うことが濃厚になり、元気づけられました。](あお)
[9月10日明子さん。祈りと共に歩むことが重要ですね。](あお)


☆☆☆



2017年9月11日




9月9日 西日本新聞より抜粋

安土桃山時代に九州のキリシタン大名が欧州に派遣した天正遣欧使節の一人、千々石(ちぢわ)ミゲルの墓とされる長崎県諫早市の石碑周辺の発掘調査で、調査実行委員会は8日、聖具入れの一部とみられるガラス製の半円状の遺物(長さ26ミリ、幅14ミリ)と、全てにひもを通すことのできる穴が開いたロザリオの一部とみられる玉59個(直径2~5ミリ)が見つかったと正式発表した。ガラス製遺物や玉の一部は気泡が入らないアルカリガラスで欧州産の可能性が高いことから、被葬者がミゲルの可能性が強まった。

墓はキリシタン弾圧が強まった17世紀前半のものとされ、聖具と一緒に埋葬された例の確認は全国でも珍しいという。

地元研究者らでつくる調査委によると、半円状遺物はキリストなどの絵を収めた「聖遺物入れ」のガラス面の一部。当時日本にあったガラスはほとんどが鉛ガラスで、被葬者は欧州から持ち帰った可能性が強いという。玉は青、茶、黒など5色で、その数59は祈りの道具「ロザリオ」の数珠の数と一致する。


(静香)


感想「9月11日静香さん。今回の調査で、天正遣欧使節で唯一棄教したと言われていたのが、違うことが濃厚になり、元気づけられました。(あお)2017年9月12日



☆☆☆



昔日の
記憶に悩むわが心
それ捧ぐるも
これ犠牲なり

(明子)

感想「人間は記憶に苦しみます」(レリック)2017年9月11日



☆☆☆



2017年9月10日



羊は自らを羊と知り
山羊(やぎ)は自らを山羊とは知らず
これ真理なり

(明子)

感想「9月10日明子さん。祈りと共に歩むことが重要ですね。(あお)9月12日



☆☆☆



今日寄せられた感想

「9日のヨハネさんへ  私も同じです。怖くて緊張します。」(ポテチ)
「1日のエマさんへ   そんなディ〇〇を静かに見守るイエズス様のお姿が目に浮かびます。」 (ポテチ)
1日のいずみさん。  いまもずっと守られていますね」 (さつき)
「8月31日のナカシマさん。 立っていた女性がもし母親ならば、自分も同じように困ったことがあるはずですが。もしかしたら幸せそうな親子を見て何か嫉妬を感じたのでしょうか」 (さつき)

☆☆☆



2017年9月9日




聖体拝領の時はいつも緊張します。これは闘いだと自分い言い聞かせます。

私の教会ではひざまずいて聖体拝領をするのは私一人です。

いつも心がけていることは、跪いて拝領することが正しく、立って拝領するのは間違っていると思うこと。周りのほかの人間の心、考えを無視すること。聖ヨゼフに助けを求めること。そして司祭からもし立つ様に言われたら立って拝領すること。このことを心に言い聞かせながら列に並びます。毎回そうです。

今のところ、何の問題もなく跪いて聖体拝領できています。司祭のためには毎日祈っています。(ヨハネ



☆☆☆



暗黒の
中で爪繰(つまぐ)るロザリオの
声壁揺らす祝別のローソク

(明子)

土曜日と
いうのに時をもてあまし
ふと百千鳥送ってみるかな

(三瓶)

☆☆☆



2017年9月8日




百千鳥🦆の原稿を書いておくります。これは私が体験したことですが、私は家の近くのカトリック教会にいっています。ミサの後神父様に罪の告白の為、告解室で待っていました。ミサの前が普通ですが、神父様は朝はひじょうに忙しいからで結局はミサの後になってしまったのです。

ミサ告解が終わり、告解室から出て,罪の償いの祈りが終わりました。今日神父様のお誕生日だときいたんです。私は神父様に私は神父様のために私のもっているCDの曲をプレゼントしますから、明日会社の帰りに教会の郵便ポスト📮にいれて置きます。と神父様に伝えました。私はドンボスコのDVDとチッイマッチイ神父様のDVDとチッイマッチイ神父様のCDの曲を1から8まで プレゼントしました。🎁教会の⛪️の郵便ポスト📮に入れておきました。

この神父様は聖歌集が大好きな神父様です。教会の⛪️のミサの後に信者さんと聖歌集の歌の練習をしているんですね。

ある日私は神父様にチッイマッチイ神父さまのCDを沢山もらってくださってありがとうございます。とお話しました。神父様はニコニコしていました。

神父様は聖歌が歌うことが好きな方です。ある日の日曜日です。私の教会ではギターを上手に引く方がいます。子供のミサのときにギターを弾きます。(最初にこの原稿を送ったときに、ギターを教会に持ち込んだのはサタンですと管理人さんに教わりました)信徒会館である信者さんと私とそのギターの上手な方と童謡の曲を歌う練習をしました。

私はイタリアの神父様で童謡の曲をピアノで引くCDの曲があるよと信者さんたちにお話しました。ドンボスコ社からでていると1から8ぐらいはありますよそのCD はとよろしかったらドンボスコ社で買ってくださいとお話しました。私は神父様にそのイタリアの神父様のCDをプレゼントしました。とお話しました。

童謡の曲をまた信者さんたちとしばらく歌いました。本当に日本語は難しいですねというお話になりました。ある信者さんがこんなお話をしました。今の日本のカトリック教会は昔の外国人の神父様たちの努力があるから、昔の外国人の神父様は難しい日本語を何回も勉強したのね。それで日本の神父様をその外国の神父様たちが日本の司祭の養成の学校をたてたりしてね。昔の外国の神父様が努力して日本人の神父様を育てたので私たちは本当に恵まれているねとこたえました。

私は本当にいいお話しを聞いたと思いこの文章を送ります。アリサより






感想「アリサさんへ
良いお話をありがとうございます。昔の外国人の神父様方に感謝ですね。そのことを忘れてはなりませんね」(ポテチ)2017年9月8日



☆☆☆



坂のぼり
後を振り向き眺むれば
乗り越えし障害骸(むくろ)のごとし

(明子)

感想「未だ目の前に!」(レリック)2017年9月8日



☆☆☆



2017年9月7日

イエズス様

何かの本の中で聖母がこう仰っていました。
「私は主の婢(はしため)です。婢は血の涙を流しても主に従わなければなりません」

血の涙とは。

私もいつかは聖母にならうことができるでしょうか。
余計なことは考えずに「はい」とひとこと言えるようになりたい。(めい)



感想「血の涙って、泣いて泣いて泣きはらした最後に出るものなのでしょうね」(いずみ)2017年9月7日

「僕、はしためであるという自覚が信仰の第一歩ですね。それが神を畏れるということにつながる。自分が神の主人ではないということですね」(ショウ

☆☆☆



空明けみ
起きんとするも腰立たず
枕に沈みて夢路また彷徨(さまよ)う

(明子)

感想「御病気、それともお歳でしょうか」(レリック)2017年9月7日






☆☆☆



今日寄せられた感想

「9月6日 あおさん。アメリカなら、こういう司教を批判する司教がでてくるのでしょうけど。これ1月のことですよね。初めて知りました」(ヨハネ

「9月5日。エリィさん。神様のこういう細やかな恵みは本当に暖かな心を感じる」(四郎)

「9月3日。あおさん。この御絵は良く見ますが、あおさんの文を読んでまた新たな見方ができました」(のぶ)

「あおさん。大司教がこんなこと言えば、信徒たちはそうだと思い込むでしょうね。メッセージでいう偽預言者が教義をまるきし変えてしまうその下準備がこうしてされているんでしょう。」(露)


☆☆☆



2017年9月6日



嵐は目の前?

○○教区内は、何カ所かの小教区がグループとなり、宣教協力体として協力的に活動を行っています。

ある××宣教協力体での協議会議事録より、抜粋します。

・3月の会合では、1月の議事の続きとして、下記内容について各委員の意見が発表された。

①司祭の数が減少しており、入門講座は信徒が運営してほしい。
②教会に救いを求めてこられる新規訪問者への対応を見直してほしい。
③福音宣教についての対応を考えてほしい。

大司教からは、カトリックは2000年の間積み上げられてきた論理や事細かなルールが宣教の障害になっているのではとの問題提起がなされた(下線、強調とも筆者)

この件については、これ以上記載がないため、詳しくは分かりませんが、2000年のカトリックの伝統を「障害」と発言して憚らない、恐ろしいときがやってきたことは分かります。

嵐は目の前かもしれません。

今まで以上に、司教団・司祭たちのための祈りが必要だと思います。

皆様、どうか、毎日めでたし1回でもお祈りください。お願いします。
(あお)


感想「あおさん。大司教がこんなこと言えば、信徒たちはそうだと思い込むでしょうね。メッセージでいう偽預言者が教義をまるきし変えてしまうその下準備がこうしてされているんでしょう。」(露)2017年9月7日

「9月6日 あおさんアメリカなら、こういう司教を批判する司教がでてくるのでしょうけど。これ1月のことですよね。初めて知りました」(ヨハネ)2017年9月7日




☆☆☆



神愛し
赦し憐み報せども
拒むが人の常なりという

(明子)

感想「大警告待ちです」(レリック)2017年9月6日


powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional