FrontPage

百千鳥

ここ数日の投稿




yjimage (4)





投稿された原稿をアップする手間がかかり、投稿原稿アップが滞っています。コピーした後、文字大きさ、太字その他の編集に時間がかかるためです。日々小出しにアップしていますので、投稿原稿がアップされずとも、必ずしも「歿」というわけではありません。また、投稿原稿のアップは到着順という訳でもありません。-管理人

2018年1月15日



トナカイの
走る音聞きこっくりと
グラスを倒し
聖しこの夜


(明子)



A,

2018年1月13日



ある店に行くために片側一車線のバス道路の歩道を歩いていました。下を向き考え事をしながら歩いていました。

ふと顔を上げると、前を小学一年生の男の子と女の子の二人が黄色い帽子で黄色い傘をさして歩いていました。急に強い風が吹いて男の子の傘が舞い上がり道の反対側のうんと先に飛ばされました。あろうことか男の子は左右を確認せずに、傘しか見ずにいきなり車道を突っ切って反対側へ走って行きました。たまたま車が来ていなかったからよかったのです。心臓が飛び出そうでした。片側一車線とはいえ交通量の多い通りでしたから。

次にその男の子のとる行動が予想できました。ふたたび道を突っ切ってこちら側へ戻ってくるのでしょう。私は急いでそこへ走っていって車線に出て、手を上げて走ってきている車を止めました。男の子に「こっちへおいで」と手招きして元の歩道に連れ戻しました。

わが子ならば思わず叱責したでしょうが、よそのお子さんでしたのでぐぐっとこらえて、しゃがみこんで低い声で説教しました。

その子を解放?した後にはっと気づきました。目指していた店の前を、考え事をしていたために何十Mも通り過ぎていました。ひとりで恥ずかしくなりながら店の方へ戻りました。

夜に歯を磨きながらふと思ったのですが、もしかしたら、その男の子の守護の天使が私の守護の天使に知らせたのかもしれません。(いつかどなたかが似たような話を投稿なさっていましたが)

でも、たまたま遭遇しただけの出来事だったかもしれません。わかりません。(エリィ




2018年1月10日



1982年にある司祭が日本の司教団に対して書いたもの(もう亡くなっている司祭)。その中のある部分を読んで涙が出そうになりました。苦しみが伝わってきます。(静香)

「私は、ここで、特に、我が教区の司教であられる、濱尾文郎閣下に対し、私の、聖職者としての良心にかかる重大問題を、日本司教協議会の前に、申し述べるよう、お勧めくださったその、御配慮と、御親切に、心より御礼を申しあげます。

イエズス・キリストの代理者なる、聖なる教皇の命令に従うことによって、私の尊敬する司教様のお望みに、抵抗を、感じなければならないことは、私に、生れて初めて、死する程の憂いを、覚えさせます。

聖会に忠実であろう、とするために、その同じ教会から、これ程の苦しみを受けることは、決して、想像できることでは、ありませんでした。この時代、人々は、今までにない暴力と、拷問の、苦しみの時代に、生きています。

しかも、聖なる教会までが、自分の子どもらを、拷問する時代にまで、なっています。このことについて、私は、多くの例を出すことができます…

とにかく、どんなことであっても、自分よりも遥かに愛する、この聖会に、いつも、服従いたします。

正しさをもって、教会に勝つよりも、むしろ、間違っても、その教会に従って一緒に損する方が、信仰においてましだと思っております。

しかし、それと同時に、白状しますと、自分の良心に背きながら、手で御聖体を授けることによって、イエズス・キリストの尊い御体を汚すよりも、即座に死ぬほうが、私にとって、ましであると、告白いたします。

何故なら、私の、司祭としての良心には、このことは、全ての不敬に、戸を開くことであって、それは、信仰と、愛と、特に、謙遜の欠けた処から生じてくる甚だしい涜聖だからです。」(「口でのご聖体拝領に関する弁論 」ヨゼフ・マリ・ジャック神父著より抜粋)


2018年1月8日



『修徳生活入門』 S・デランジェラ編より

(つづき)
3 もっとも小さな、とるに足りないおこないであっても、注意深くおこなわなければならないのは、なぜか?
それは、
a 神のみまえにおいてはものごとの大小はなく、
b 目だたないかくれたおこないに、ゆたかな恵みの伴うことが多いからである。

「よしよし、善良な忠義なしもべだ、あなたは、わずかなものに忠実であったから、私はあなたにおおくのものをまかせよう。あなたの主人のよろこびに加われ!」(マテオ25・23)
「些細なことはつねに些細だが、それに忠実であることは、偉大である」(聖ヒエロニムス)
聖人たちは、もっとも些細な事柄にも忠実であったので、完徳に達することができた。(つづく)(とびいり)



 

2018年1月7日



『修徳生活入門』 S・デランジェラ編より

(つづき)2 キリスト信者ができるだけ完全に日常のおこいを果たさなければならないのは、なぜか?
a 信者が目指さなければならない完徳の義務は、日常生活のうちにあり、
b 神がこれをおよろこびになり、
c これに他の多くの功徳が伴うからである。

自分の職務をよろこんで責任をもって果たすことは、キリスト信者の特徴でなければならない。(つづく)(とびいり)



2018年1月6日



『修徳生活入門』 S・デランジェラ編より

1 日常の行いの意味とその重大さとについて

① 日常の行いとは、何か?
「日常の行い」ということばをもって、キリスト信者はその身分に課せられた義務を果たすべく日課にしたがって毎日をおくることを意味する。

日常のおこないは、そのものとして善であるもの(たとえば祈ること、罪のゆるしの秘蹟によること、仕事にはげむこと)、そのものとしては善でもなかれば悪でもないおこない(たとえば飲食、睡眠)の二つにわけられる。(とびいり)



2018年1月4日



シメオンの言葉
この子は、イスラエルの多くの人があるいは倒れあるいは立ち上がるために、逆らいのしるしとして立つ人です。そうして、多くの人のひそかな思いが明らかにされるのです。あなたの心も、剣(つるぎ)で貫かれるでしょう。―ルカ2・34 (静香)



謹賀新年
2018年1月1日


2017年12月24日



『修徳生活入門』 S・デランジェラ編より

(続き)聖体拝領のたびごとにいろいろの全体的つぐのいの宥め (免償)がえられる。これらのなだめをえるための祈りをできるだけとなえるようにすることは、よいことである。

a つぐのいのなだめの付されている祈りは美しいものであるが、同時に、私たちが願うべきたいせつな内容を含んでいる。
b 教皇の意向にしたがって唱えるべき祈りは、聖なる教会の必要とする願いが表されているので、神のもっともおよろこびになるものである。
c またそれらの祈りをもって浄めの場(煉獄)の霊魂を助けることができる。かれらも私たちを記憶することであろう。

聖体を拝領した日は、とくに慎み深くすごしたい。また一日中感謝の心をもちつづけ、さらに翌日の聖体拝領のために準備をするように努めたい。こうして聖体拝領は、私たちの生活の中心となる。)(とびいり)



拝領で
立てと言われて今日も立つ
おいらと司祭の根競べ


(三瓶)


☆☆☆


2017年12月14日



ひざまずき
ロザリオ祈る
午後の雪
心の重荷
天に届けと


(明子)


2017年12月6日

年末の忙しい時期ですが
先輩方の新作俳句がまちどおしい


(さち)



   

2017年12月2日



『修徳生活入門』 S・デランジェラ編より

(続き)よい聖体拝領であるためには、感情的によろこびを感じないことは、なんらさしつかえない。

無意識のうちに心をちらし、神への強い愛情をいだくことができなくとも、その日の最大の忠実さをもって、神につかえたいという堅固な決心のうちに聖体拝領へ立ちあがるのであれば、それは立派な聖体拝領である。(続く)(とびいり)





今日アップされれた感想
「2017年8月28日 明子さん。「これは大警告とニューエラのことが読みこまれているようですね。」(案外)


2017年11月25日



昔の育児書に、子どもは親の行為や仕草言葉だけでなく、吸う息吐く息まで真似するという内容の事が書いてありました。その言葉を文字通りに受け取り、責任重大だと緊張しつつ慣れない育児をした記憶があります。

最近は子どもも大きくなりその言葉をすっかり忘れていましたが、今朝朝食をとりながら突然その言葉を思い出しました。

自分もいつかイエズス様の吸う息吐く息に合わせることができるだろうかと考えました。でもそれは具体的にどのようにすればいいのか分かりません。

考え込んでしまいました。(エリィ



☆☆☆


初雪の
御像にからみし
片田舎
野山に沈む
白き悲しみ


(明子)


☆☆☆


今日寄せられた感想
「10月27日 明子さん。日本でも?」(レリック)




2017年11月24日


管理人
病に伏して?
久しぶり


(三瓶)

2017年11月23日



世間では
希望失い
憲(のり)が立つ


(三瓶)

感想
「三瓶さん、アップが遅れて十日の菊になってしまいました。申し訳ありません」」(管理人)

今日寄せられた感想
「2017年11月16日 あおさん。あおさんの荘厳司教ミサの話を読んで感動しました。いっせいに跪く音が聞こえるようです。地方にはこのような情報が入ってきませんので、貴重なお話でした。このような話を聞くと日本のカトリック教会もまだなんとかなりそうな気がします。祈り続けましょう。」   (ポテチ)

☆☆☆


2017年11月16日



●荘厳司教ミサ●

東京大司教区カテドラル関口教会で行われた、グレゴリオ聖歌・ラテン語による「荘厳司教ミサ」(通常形式)に、初めて与ってきました。

1991年より毎年1回行われてきたこの司教ミサは、27回目となる今年も、1000人以上の方が与ったそうです。

大勢が、聖変化で跪く光景を、初めて見ました。

これこそ、御聖体の内にまことにましますイエズス様への、畏敬の念を表す一致の形だと思いました。その感動は、日ごとに増しています。

現在の跪きに対する状況の中、ここ2年はこの御ミサでも跪きが徹底されなかったということですが、今年は配布されたミサレットに、聖変化で「跪いてください」と記載され、また、「跪いて口で御聖体を拝領することもできます。」とも記載されていました。

その他、胸を三度打つという悔い改めの所作についても、日本では省かれていることに言及されていました。

ここまで記載するには、大変な勇気が必要だったと思います。

御ミサに与った方の中には、初めて跪いた方、戸惑いつつも初めて御聖体を口で頂いた方がいたようです。

御聖体に対する信心に導かれる方が増える機会になるのではないかと、希望を持った荘厳司教ミサでした。

このような素晴らしい機会を設け、続けて下さっている運営の方々、また、司式下さった岡田大司教様、司祭様方に感謝致します。(あお)




感想
「あおさんの荘厳司教ミサの話を読んで感動しました。いっせいに跪く音が聞こえるようです。地方にはこのような情報が入ってきませんので、貴重なお話でした。このような話を聞くと日本のカトリック教会もまだなんとかなりそうな気がします。祈り続けましょう。(ポテチ)2017年11月23日


2017年11月6日''



『修徳生活入門』 S・デランジェラ編より

(続き)感謝は大体15分ぐらいでよい。イエズスがその神性をもってじさいに私たちの心に宿られるそのしゅん間は、人生のもっともと音い、最も幸福なときなのである。したがって慎みと沈黙の中にその聖なる時間を過ごさなければならない。天からの賓客は、それを求められ、また私たちの利益もそれを要求するのである。多忙であるからといってこの時間を省略するようなことはこのましくない。むしろ仕事をへらすか予定を変更したほうがよい。(続く)(とびいり)




2017年11月4日''



告白を
終えて出でにし
御聖堂(おみどう)で
怒り狂って
サタン地団太


(明子)

今日寄せられた感想
「11月1日 栗さん。私も良い司祭に出会えたときにはうれしくてたまりません。飛び跳ねたくなります。
  (さつき)

☆☆☆


2017年11月1日''



ある思い出

人は聖なる良い司祭に図らずも出会えた、と思ったときには、安堵感と未来に通じる青空の両方ともを両腕でだきしめられた、と思うものだ。ということは、自分は日ごろからその瞬間を夢見て小教区を巡り歩いているというわけだ。

一人の司祭に、木枯らしの吹きすさぶある冬の朝、遭遇した。

その司祭は説教の面白く、そしてためになるなあと聞いた後に余韻の様に感じる、話術に長けた司祭だった。聖俗織り交ぜて、軽妙洒脱に次々と場面を変えてゆく語り口には、聞く者を思わず引き込んでゆく計算されたテクニックがある。誠実と愚直さの杭が背中から首筋、後頭部に掛けて一本通っている。だから、その司祭の歩きぶりは、誠実さと頑固さの紙一重の雰囲気をいつも漂わせる。

その司祭が聖なる司祭だと一部の人たちは口にしてはばからない。中には、あの司祭は聖人の域に達しているという信徒さえいた。

いつしか自分はその司祭の朝ミサの準備をするようになっていた、準備といっても、司祭が香部屋に来る前に、水とぶどう酒と手ふきをガラスの楕円の皿に載せて、祭壇脇の台に置くだけのことだ。

ある待降節のことだった、聖堂内に飾ったクリスマスの飾り、羊飼いと、東方の博士たち、聖母と聖ヨゼフなどの小さなご像が飾られていた。

ところがある日、その飾りの中のあるものが無くなっていた。数日たっても戻らない。朝ミサに与る数名の人々も、どうしたのだろう、誰かが盗んだのだなどと囁き合った。

そんな中のある朝、いつもの様に香部屋でミサのぶどう酒を準備していると、その司祭が入ってきていきなり私に向って「―を持っていっただろう」と言った。一瞬の間に、私はそのあり得ない司祭の言葉をはぐらからせるべく聞き違いのふりをして水とぶどう酒、手ふきを載せたガラス皿を両手で持って香部屋を出た。そのとき自分が司祭に何と答えて聞き違いのふりをしたのかは覚えていない。すると司祭も後から香部屋からでてきて、数人の信徒がミサを待つ聖堂では敬語となり「ここにあった物が無くなっているのですよ」と私に言ったのだった。

これは邪推の罪ではないのか、と私は家に帰ってから思った。その時以来、私はその司祭が聖なる司祭だとは思わなくなった。

数年たってその司祭が亡くなった。その時ふと考えた、あれは自分が盗んだのだろう、という意味で司祭は言ったのではなく、「誰かが持って行っただろう」という意味で私に同調を求める言葉ではなかったのかと。誰かがという部分が聞き取れなかったのだと。

真相は分からない。しかし、自分にとっては戦慄を覚える体験だった。(栗)


感想
「11月1日 栗さん。私も良い司祭に出会えたときにはうれしくてたまりません。飛び跳ねたくなります。」(さつき)2017年11月4日

2017年10月30日''



『修徳生活入門』 S・デランジェラ編より

(続き)聖体を拝領したのち、なにをしなければならないか?

しばらくのあいだ祈り、礼拝し、イエズスと浸しく語らい、かれに感謝し、自分を彼にささげ、また自分と他人のために、かれのめぐみをこい願うのである。(続く)(とびいり)





2017年10月29日''



ミサのあと
パンを買ったら¥777
今日の午後はいいことありそう


(さち)


 

2017年10月28日''



『修徳生活入門』 S・デランジェラ編より


(続き)準備が真面目なものであるだけ聖体を拝領することによって受ける恵みは大きいのである。聖体拝領についても黙想に関することと同じことがいえる。すなわち自然に思うように心を天に上げて祈ることができない時には、良書を利用することである。これは、修得における初歩の段階の人、あるいは霊的かわきの状態にいる人にとくにすすめられることである。(続く)(とびいり)



今日寄せられた感想
「10月23日 明子さん。恵みの雨、恵みの光。」(レリック)

☆☆☆


2017年10月27日''



夕焼けに
赤く染まりし
西の空
眼をこすりしも
太陽二つ


(明子)

感想
「10月27日 明子さん。日本でも?」(レリック)2017年11月25日


2017年10月23日''



『修徳生活入門』 S・デランジェラ編より

(続き)聖体拝領ができているというのは、どんなときか?

愛をもって次のようなことがらを思い起こすとき、適当な準備ができていると言える。

a おいでになるおん者は、誰か?―イエズス・キリスト、無限である神、天地のつくり主、私たちの救い主、―私達のさばき手となられるおかた!…信仰と礼拝。

b 誰のところにおいでになられるのか?―たびたび大罪を持ってみ旨に逆らった、貧しくいやしい私たちの心に!…謙遜と痛悔。

c なぜおいでになるのか?―憐みにあふれたもうて私の心を天のたまもので満たすために、親密に私と一致するために!・・・希望、愛、熱烈な願い。(続く)(とびいり)



☆☆☆


うめの日記

バスから降りて隣の町の商店街へ。母が、さっさと一人で降りるが私は両手に重い荷物を持っていてステップを降りれないので、「重い!重い!」と母に訴えて、下から荷をとってもらってバスを降りた。

小さな洋服屋や靴下屋が見えるので、「あ、あそこには何度か行ったことがあるよ」と母に言う。母は、「たまには体に合った服を買いなさいよ」という。良い服を買えということか?私は、ああ、はいはいと思いながらも三軒先のたこ焼き屋を見ている。強い陽射しがアーケードを照らしている。アーケードの端にくっきりと青空が食い込み、とおくに飛ぶのはカモメか。(うめ)



☆☆☆


 

落ち込んで
外にいづれば
日輪の
熱さと光
恵み降り注ぐ


(明子)

感想
「10月23日 明子さん。恵みの雨、恵みの光。」(レリック)2017年10月28日


2017年10月22日''





見上げるな
オレはそんなに偉くない
(三瓶)


―道端で猫と遭遇


☆☆☆


 

今日寄せられた感想
「10月21日、とびいりさん。聖体拝領について、大切なことを投稿してくださりありがとうございます。
私もこの本を持っていますが、再確認する機会をいただいています。」(あお)


2017年10月21日''



『修徳生活入門』 S・デランジェラ編より

(続き)小罪[たとえば祈りの中に意識的に心を散らすこと、不忍耐、愛徳に背くこと等]は、聖体拝領の妨げとはならないので、そのことに由って聖体から遠ざかるようなことがあってはならない。しかし小罪は秘跡の効果を弱めるので、真心から痛悔の心をおこし、信頼して聖体を拝領するようにしたい。

正しい意向というのは、罪をさけるための力をえるためとか、みあるじの光栄のためなどとかのように、超自然的目的にもとづいて聖体を拝領することである。それで習慣とか、見えとか、そうした理由のために聖体を拝領するのは正しい意向であるということはできない。

(とびいり)


感想
「10月21日、とびいりさん。聖体拝領について、大切なことを投稿してくださりありがとうございます。私もこの本を持っていますが、再確認する機会をいただいています。(あお)
2017年10月22日

☆☆☆


 

どこの世界の話だろう
プレミアムフライデイなんていう
大手企業むけのイベントかな
(さち)



2017年10月20日''



『修徳生活入門』 S・デランジェラ編より

毎日聖体を拝領できるのは、どのような人か?

a 大罪のない人、
b 正しい意向を持っている人である。

聖なる教会、すなわちイエズス・キリストご自身が、信者のしばしばの聖体拝領、できれば毎日の拝領を望んでいる。初代教会ではそうであった。

大罪を犯した人は、聖体を拝領する前に、告白しなければならない。痛悔だけではふじゅうぶんである。大罪であったかどうか疑わしいときは、完全な痛悔の心を起こしてから聖体を拝領することができる。それがしばしば起こるようであれば、聴罪司祭の意見を求めた方が良い。(続く)

(とびいり)



☆☆☆


 

はかなさを
悟りしこの世
光とは
御旨をはたす
償い犠牲


(明子)


今日寄せられた感想
「10月18日 明子さん。神様は人の苦しみで霊魂を買うのです」(レリック)


2017年10月19日''



思い出

多分私が小学一年生の冬のクリスマスごろの記憶。

町内の子供会の催しがあって、クリスマスにケーキを貰いにおいでという。初めてのクリスマス会。

母と妹と3人で歩いて公民館に行き、多分何か、クリスマスらしい紙芝居や歌を歌って、プレゼントのバタークリームの小さい小さいケーキが子どもたち一人一人に配られた。

残念ながら家に帰って食べたケーキはおいしいと思った記憶がない。固くてぼそぼそしたケーキだった気がする。

教会に行ったわけでもない。歩きながらどんな会話をしたのかも覚えていない。

でも夜道を3人で歩いて帰った時の何とも言えない幸福感だけは、今でも心に残っている。

あの幸福感は、キリスト教を知らない私たち家族にも、神が与えてくださったんだと思う。そうやって、神は自然と信仰へ導いて下さったんだと思う。(エリィ



☆☆☆


 

『修徳生活入門』 S・デランジェラ編より

聖体拝領の効果は、なにか?

聖体拝領はすべてのめぐみの源であるイエズス・キリストとの一致であり、特に次の効果をもたらすものである。
a 魂の超自然的生活を増進させ、
b 小罪をきよめ、大罪を遠ざけ、
c 悪への傾きを弱め、善への勇気とよろこびを与え、
d そして永遠の幸福と栄えある復活の保証となることである。
したがって聖体拝領は、完徳に達するために欠くことのできないものである。

(とびいり)



☆☆☆


 

あなた方の中に、苦しんでいる人があれば、その人は祈るように。―ヤコブ5・13(静香)


2017年10月18日''



『修徳生活入門』 S・デランジェラ編より

聖体拝領のとき、拝領するものはなにか?

それは、魂の糧としてのまことの人、まことの神であるイエズス・キリストである。
もっともすぐれた秘跡である。なぜなら聖体を拝領することによって、みめぐみを受けるのみではなく、イエズス・キリストご自身をいただくことだからである。

(とびいり)



神様が
この世で使う貨幣とは
篤(あつ)き信仰
義人(ひと)の苦しみ


(明子)

感想
「10月18日 明子さん。神様は人の苦しみで霊魂を買うのです」(レリック)2017年10月20日


☆☆☆


今日寄せられた感想
「10月17日 ドットコムさん。反キリストとその手下どもは世界中ですでにおびただしい数のクーロン人間を作っているんでしょうね。そのクーロン人間が成長して最終的な善と悪の戦いで悪の戦力となって獣に尽くすのでしょう。でも私達には生ける神の印、聖母マリア、天国の天使、聖人がついています。天のロザリオで闘えます。十分邪悪な科学に対抗できます!」(すみれ)


2017年10月17日''



バイオテクノロジー(生物工学)

デジタル大辞泉の解説

「バイオテクノロジー(biotechnology)
生物の行う化学反応、あるいはその機能を工業的に利用・応用する技術。遺伝子の組み換え細胞融合酵素を扱う技術が含まれ、発酵・新品種育成・環境浄化などに利用。生命工学。生物工学。」

クローン技術遺伝子組み換え作物などでは、倫理的な側面や自然環境の面で、問題のある分野でもあります。(ドットコム)


感想
「10月17日 ドットコムさん。反キリストとその手下どもは世界中ですでにおびただしい数のクーロン人間を作っているんでしょうね。そのクーロン人間が成長して最終的な善と悪の戦いにおいて悪の戦力となって獣に尽くすのでしょう。でも私達には生ける神の印、聖母マリア、天国の天使、聖人がついています。天のロザリオで闘えます。十分邪悪な科学に対抗できます!」(すみれ)2017年10月18日


今日寄せられた感想
「10月14日 明子さん。放蕩息子の帰還?ですね」(レリック)


2017年10月16日



「聖母の約束」

私が初めて当M教会に来たのが1997年ですからもう20年になります。当時は、E神父のロザリオの先唱で毎日(日曜以外)(教会の祈りと)ロザリオ1環を3~5人位で祈っておりました。

現在は土曜は(教会の祈りと)ロザリオ1環は同じですが、平日はほぼ2人のみで1連となんとも心もとない状態ですが、それでも聖母は約束を守って下さっております。

その約束とは・・・天のメッセージを信じているある方が「ロザリオを祈る教会は私が守ります、というメッセージは聖母のお約束だから。」とおっしゃった、その言葉を胸に続けております。

その時私はその方の話し振りから、言外に『ロザリオを祈りさえすれば聖母は必ずその教会を守って下さるのよ。』とおっしゃっているように感じ、聖母とその方との強い信頼関係に衝撃を受けた事を今でも忘れられません。そして、その当時もミサ後に毎日ロザリオを祈っていた事もあり、『聖母から 無償で与えられた恵みを大切に守って行こう。』と思いました。

これも聖母の御保護がなけなければとても20年続ける事は不可能だったと思います。これは人間がなさる約束とは訳が違うと言う事を証明していると実感しております。(もちろん聖母も人間ではありますが・・・)

これは聖母が無償で与えてくださった恵みだと思うと自然と毎朝教会に足が向きます。皆さん「毎日えらいですね。」とよく仰いますが、果たしてそうなのでしょうか?内心恵みを無償で頂いていると思うのですが・・。毎日ミサに与りたくても与れない人が殆どなのに毎日ミサに与れるんですよ!

またこの信仰の自由は多くの先人の犠牲(殉教等)の結果であり、それを私達は受け継ぎ、守る必要があるとも思うのですが・・・

ロザリオを毎日集まって祈っている教会に呼ばれ、聖母の約束のメッセージを信じている者としては、聖母に「拙い祈りですが、いつも守って下さり、ありがとうございます。」との感謝の気持ちでロザリオを祈っております。(ビアンネ)



2017年10月15日



『修徳生活入門』 S・デランジェラ編より

霊的聖体拝領はどのようにするのか?

それは、
a じっさいに拝領する時と同様に短い準備をもって、
b イエズスを私たちの心の中に招き、
c 私達の心にじっさいにおいでになったかのように、かれを礼拝し、愛し、感謝して私たちの祈りをささげることによっておこなう。

霊的聖体拝領はどこでも、いつでもおこなうことができる。そしてしばしばおこなわれる霊的聖体拝領はじっさいの拝領のもっとも適当な準備である。

霊的聖体拝領は、とくに、
a じっさいに拝領できない日に、
b 聖体訪問のときに、
c 特別糾明の後におこなうのがよい。
d また望みがあれば、いつでもすることができる。

(ドットコム)


参考:霊的聖体拝領の祈り
イエズス・キリスト、われは主(しゅ)が至聖(しせい)なる聖体(せいたい)の秘蹟(ひせき)のうちにましますことを固(かた)く信(しん)じ、万事(ばんじ)に超(こ)えて主を愛し、主を受(う)け奉(たてまつ)らんことを望む。されど今聖体を拝領(はいりょう)すること能(あた)わざれば、霊的(れいてき)にわが心に降(くだ)り給(たま)え。―――主よ、われ主を受け奉(たてまつ)りし如(ごと)く主に寄(よ)りすがりて、わが身を全(まった)く主に一致せしめ奉る。願わくは主を離(はな)るるを許さず、悪魔の罠(わな)より救い給え。わが心に主の愛の火を点(てん)じ、永遠に主の御(おん)ために燃(も)ゆるを得(え)しめ給え。アーメン



2017年10月14日



イエズス様の与えて下さった希望

「さて、希望のたまものを育てるのは恵みとともに人みずからの努力によって。安逸な生活の中からは希望は輝きでない。『艱難なんじを玉にす』と格言にあるように。わがままな望みは希望のたまものをかえってくもらせてしまうだろう。『失望は、大いなる災難のような、希望を一度に打ち砕く出来事によっても来るが、また邪まな欲望は希望を少しずつひびいらせ、これを欠いていく』と聖書は語っている。罪はじつに希望を失わせるもとである」―『主はみなさんと共に』鈴木宗太郎
(静香)


☆☆☆


 

絶望の
闇晴れて光差し
以前にも増して
近き御父


(明子)

感想
「10月14日 明子さん。放蕩息子の帰還?ですね」2017年10月17日(レリック)


☆☆☆


 

今日寄せられた感想
「10月13日 ドットコムさん。IoTの究極の形、目的は人間でしょう。獣の印であるマイクロチップを人体に植えこむことによって、人間をインターネットに繋げ、人工頭脳で奴隷的に支配する反キリストの統治の実体でしょう。」(希望)
「10月11日 明子さん。夢のなかの暗夜?」(レリック)


2017年10月13日



IoT

「みなさんは、最近各種メディアを賑わしている「IoTとは何か?」について明確に答えられますか?「Internet of Things」の略で、よくある解説の言葉を借りれば「モノのインターネット」と訳します。パソコンやスマホなどの情報通信機器に限らず、すべての「モノ」がインターネットにつながることで、皆さんの生活やビジネスが根底から変わるというのです。」

「個人の生活においては、冷蔵庫や洗濯機がインターネットにつながることかもしれないという一方で、生産現場においては工場のラインがインターネットにつながることや、物流におけるトラックがインターネットにつながることであったりします。」

「IoTビジネスにおいては、以下のサイクルが基本的な流れとなります。
① 「センサー」でモノから情報を取得する(センシング)
② インターネットを経由して「クラウド」にデータを蓄積する
③ クラウドに蓄積されたデータを分析する。必要であれば「人工知能」が使われる
分析結果に応じてモノがアクチュエートする(ヒトにフィードバックする)」

―『東洋経済』より。太字引用者(ドットコム)


感想
「10月13日 ドットコムさん。IoTの究極の形、目的は人間でしょう。獣の印であるマイクロチップを人体に植えこむことによって、人間をインターネットに繋げ、人工頭脳で奴隷的に支配する反キリストの統治の実体でしょう。(希望)2017年10月14日


☆☆☆


 

エプロンを裏表にして半日過ごす
誰も見てないけどはずかしい 


(エリィ

☆☆☆


  

今日寄せられた感想
「10月11日 ドットコムさん。シンギュラリティに到達したときに、半キリストの統治や獣の印(マイクロチップ)が始まるのでしょうね。世界政府の支配が―(希望)


2017年10月12日



うめの日記

私が布団の上に横になっていると、母が私に猫とハムスターのようなものをくれた。ハムスターというより小さいウサギみたい。モフモフしている。灰色の悠然と歩く毛の長い猫は私の背中にピタッとくっついて寝る。あらあらなんなの、あなたは!と、私はうれしくてニコニコして言う。小さいウサギも、私の顎の下にすっぽり入って丸まる。母は、もう一匹別の猫を抱いている。
私がちょっといない間に、灰色の猫がいなくなった。ミーちゃん!といって、探す。奥から、もう一匹の猫がいるから遠慮していなくなったという声が。

探し続けたら出てきた。もう一匹の猫は、器量よしでシュッとしているが、床に横になったまま私と灰色の猫に向かってふーっと威嚇する。灰色の猫と小さなウサギのように、その猫も小さな何かを足元に従えていた。(うめ)





2017年10月11日



シンギュラリティ

「基本的な概念
技術的特異点(ぎじゅつてきとくいてん、Technological Singularity)とは、未来研究において、人類の技術開発の歴史から推測して得られる未来のモデルの正確かつ信頼できる限界(「事象の地平面」)を指す。「強い人工知能」や人間の知能増幅が可能となったときが技術的特異点になると考えられている。フューチャリストらは、特異点の後では科学技術の進歩を支配するのは人類ではなく強い人工知能ポストヒューマンとなり、従って人類の過去の傾向に基づいた変化の予測モデルは通用しなくなると考えている。

この概念は、最初に数学者ヴァーナー・ヴィンジと発明者でありフューチャリストであるレイ・カーツワイルにより提示された。彼らは科学技術の進展の速度が人類の生物学的限界を超えて意識を解放することで加速されると予言した。この意識の解放は人間の脳を直接コンピュータネットワークに接続することで計算能力を高めることだけで実現するのではない。それ以上にポストヒューマンやAI(人工知能)の形成する文化が現在の人類には理解できないものへと加速して変貌していくのである。」―『シンギュラリティとは何か』より。強調引用者(ドットコム)



感想
「10月11日 ドットコムさん。シンギュラリティに到達したときに、半キリストの統治や獣の印(マイクロチップ)が始まるのでしょうね。世界政府の支配が―2017年10月13日(希望)


☆☆☆


 

夢のなか
荒れ野をさまよい
心不安
神から離れ
行く先に光なし


(明子)

感想
「10月11日 明子さん。夢のなかの暗夜?」2017年10月14日(レリック)


☆☆☆


 

今日寄せられた感想
「10月9日 明子さん。信頼と信仰の試しですね」(レリック)


2017年10月10日



挨拶

僕は挨拶が苦手です。

瞬時に挨拶できない時があるのです。しようと思ってもできないということではなく、切羽詰まった必要性を感じないとでもいえばよろしいでしょうか。後で、あ、挨拶しなかったな、という感じです。

二人の神父様がおられます。こちらが挨拶をしなかった神父様方です。

そのうちに一人の神父様は亡くなられたことをカトリック新聞で知りましたが、もうおひとりは分かりません。当時から御病気だったのでもう天に召されたかもしれません。無礼な信徒だ、と思われたのならまだしも、傷づけたら心外です。僕はその二人の神父様は尊敬していましたから。(山中信二)



2017年10月9日



『修徳生活入門』 S・デランジェラ編より

大罪をさけるためには、どのようにしなければならないか?

それは、
a できる限り小罪をさけること、
b 神のみまえにあること、守護の天使が私たちのそばにいることなどを、しばしば考えること
c 注意ぶかく罪の機会をさけること、
d いざないにあうとき、ただちに祈りをもって心を神に上げ、勇敢にいざないに抵抗すること、
e とくに怠惰をさけること、
f よろこびをもって主に仕え、落胆と失望におちいらないこと、
g 大罪を犯すよりは、むしろ死をえらぶという確固たる決意を持つこと、などである。

これらの手段が習慣となるためには、忍耐と根気をもって実行することが必要である。もしそれを怠るようなことがあれば、それは大罪を心からおそれず、大罪をさけようとする意志の十分にないことを意味する。修徳においてかなり進歩した人であっても、大罪に陥ることがありうる。もし取るべき手段と武器を使わないとすれば、そのたどるべき道は、聖ペテロのおちどがはっきり示しているところである。

罪をさけるためのもっとも効果のある方策は、熱心な絶えまない祈り、ぎせいの心、そしてしばしばふさわしく秘跡にあずかることをもってつちかわれる精神の熱意にある。

(とびいり)



2017年10月8日



先見えぬ
しかし踏み出す第一歩
天の御旨と
信じて進む


(明子)

感想
「10月9日 明子さん。信頼と信仰の試しですね」2017年10月11日(レリック)


☆☆☆


 

今日寄せられた感想
「10月5日 明子さん。私の散歩しながらのロザリオは、人との擦れ違い」(レリック)


2017年10月6日



『修徳生活入門』 S・デランジェラ編より

大罪が人間にとって最大の不幸であるというのは、なぜか

それは、大罪が
a 成聖の恵みと神との友情、天国へ行くための功徳をうしなわせ、 
b 心の平和をなくさせ、良心の悩みを生じさせ、物質的な罰を招かせ、ついには地獄の罰にいたらせるからである。

わずか一つの大罪であっても、恐ろしい結果を招くということを、天使たちと人祖の罪は明白に教えている。
罪を毒へびのように避けよ。快楽ははかなく、罰は永遠である。

(とびいり)



☆☆☆


 

2017年10月5日



画像の説明

Mr.都市伝説・関暁夫 体内にマイクロチップを埋め込み、スタジオ騒然

9/30(土) 11:15配信 ザ・テレビジョン

Mr.都市伝説・関暁夫 体内にマイクロチップを埋め込み、スタジオ騒然体内にマイクロチップを埋め込んだ関暁夫

9月29日、「ウソかホントかわからない やりすぎ都市伝説スペシャル 2017秋」(テレビ東京系)が放送され、「SNSに載せてはいけないヤバイ写真」、「人口上位2%のIQを有する高IQ集団MENSA」、「世界の指導者の手相鑑定」など様々な「都市伝説」を、出演者が披露した。番組では、Mr.都市伝説・関暁夫が「体内マイクロチップ計画」を紹介。アメリカで取材を行い、さらには自身の体内にマイクロチップを埋め込んできた関の姿に、スタジオだけでなくインターネット上でも驚きの声が相次いだ。

関は、アメリカにて、体内マイクロチップの研究について取材。体内に埋め込んだマイクロチップによって、扉の鍵を開ける様子を目の当たりにした。取材をしたアマル・グラフストラ氏は体内に5つもマイクロチップを埋め込んでいるそう。

番組では、関がマイクロチップを体内に埋め込む姿も放送された。注射器の針の中からマイクロチップが注入される様子に、スタジオでは悲鳴があがっていた。

MCを務める東野幸治は「日本で10年後20年後、みんなこれ(マイクロチップ)入れてると思うの?」と質問すると、関は「10年前20年前、皆さんは携帯電話を持っていると思ってましたか?」「昭和の世代が入れなくても、子供・孫の世代はピアス感覚で入れます」と説明。それを聞いたMCの今田耕司は「絶対入れるわ、絶対入れる」と納得した様子だった。千原せいじも「絶対入れるて」「携帯電話、あんだけみんな持たへん言うてたで」とコメントした。(静香)



☆☆☆


 

2017年10月4日



秋の日の
木漏れ日弱く苔に落ち
めでたし踏む足
玄義を運び


(明子)

感想
「10月5日 明子さん。私の散歩しながらのロザリオは、人との擦れ違い」2017年10月8日(レリック)


☆☆☆


 

2017年10月3日



『修徳生活入門』 S・デランジェラ編より

大罪が神への最大のぶじょくであるというのは、なぜか

それは、
a その罪が最愛の父にして私たちの主、つくり主なる神へのけいべつであり、
b 救い主なるイエズス・キリストを大いにはずかしめることであり、
c さらに私たちの唯一のまことの友である聖霊を大罪をもって、私たちの心のなかから追い出すことになるからである。

「堕落したものは、みずからの神の子を十字架にふたたびくぎづける」。(ヘブライ6・6)
「あなたたちが神の聖殿であり、神の霊がその中に住んでおられることを、あなたたちは知らないのか?」(コリント前3・16)。(とびいり)



☆☆☆


 

聖化をめざす
でも気負わずに背伸びせず
ありのままの私でもいいか


(さち)

☆☆☆


 

今日寄せられた感想
「9月28日 明子さん。偽預言者は人権を叫ぶ!」(レリック)


2017年10月2日



『修徳生活入門』 S・デランジェラ編より

何事よりも大罪をさけなければならないのは、なぜか

それは大罪が、
a,神に対するはなはだしい忘恩とぶじょくであり、
b、人間にとって、最大の不幸だからである。(とびいり)



☆☆☆


 

久々にみた日本映画に泣いてしまう
全身がガンという女優さん 


(さち)

ロザリオを
祈るもやはり三日坊主
それでも祈る
これしきゃないと


(三瓶)

今日寄せられた感想
「10月1日 明子さん。祝日が日曜でしたね」(レリック)

☆☆☆


 

  

2017年10月1日



『修徳生活入門』 S・デランジェラ編より

罪とは何か
罪とは、わるいことと知りながら自由意志を持って神のおきてにそむくことである。

大罪とは、何か
大罪とは、重大な事柄について、はっきり意識し、完全に承諾して神のおきてに背くことである。(とびいり)


☆☆☆


 

日曜は休日だけどミサと祈り
休日だけど気は引きしめて


(さち)

お聖堂の
陰で微笑む薔薇婦人
歩めと招く
小さき道に


(明子)

感想「10月1日 明子さん。祝日が日曜でしたね」(レリック)10月2日


☆☆☆


 

今日寄せられた感想
「9月30日 明子さん。そうです、大警告によって」(レリック)

  

2017年9月30日



うめの日記

帰り道、道の向こうから濃い水色の大型バスが走ってきて、急ブレーキをかけて車が横滑りして、道を車体で真横に遮って止まった!ドン、と止まったまま。私の眼の真ん前で止まるので、このバスなんだろう?と思った。運転手の、「次はどこどこです」というような普通のアナウンスが聞こえるので、事故ではなさそうだった。私はバスをよけて歩いて行った。(うめ)



☆☆☆


 

土曜日の朝のドラマの最終回
出てくる人がいい人ばかり


(さち)

再臨を
知らぬ存ぜぬ人多し
それでも神は
霊魂救う


(明子)

感想「9月30日 明子さん。そうです、大警告によって」(レリック)10月1日


☆☆☆


 

今日寄せられた感想

「9月28日の明子さんへ  それぞれの永遠というのが怖いです。地獄だったら。」 (めい)
「9月27日のさちさん。 さちさんは忙しい日々を送っておられる人ですね。」 (ムトウ)


2017年9月29日



本来は祈りの場であるべきなのに。

2017年09月23日  西日本新聞

写真―大浦天主堂キリシタン博物館として活用される予定の旧長崎大司教館(右)と旧羅典神学校(中央奥)

201709230001_000_m.jpg

カトリック長崎大司教区(長崎市)は22日、同市南山手にある国宝の大浦天主堂の拝観料(大人)を、来年4月1日から現行の600円から千円に値上げすると発表した。同時期に敷地内に「キリシタン博物館」を開設するのに伴う措置としている。

大司教区は2015年7月にも、所有する天主堂や教会の保全費を賄うためとして300円から600円に引き上げていた。天主堂は、来夏の登録を目指す世界文化遺産「長崎と天草地方の潜伏キリシタン関連遺産」の構成資産の一つで、観光客も多い。新設する博物館は、世界遺産登録に向けてさらに関心を高める狙いで計画している。

来春からは団体料金も500円から900円とする。中高生や小学生、障害者は現行通り。大司教区はこの日、募集していた同博物館の運営委託業者に、NPO法人世界遺産長崎チャーチトラスト(長崎市)とクリーン・マット(同)に決めたと発表した。委託期間は来年4月から6年間。(静香)



☆☆☆


 

メッセージ
日々読みながら行く道に
自我というカビ
自己の満足


(明子)

感想「9月29日 明子さん。完全な人間はいません」(レリック)


つかれはて
さあ寝られると思った時
水がこぼれるアクシデント あああああ 


(さち)


☆☆☆


 

今日寄せられた感想

 「9月27日エリィさん。今はあらゆるサービス業でプロ意識が低下していると思います。クラクションも、プップッと言う二回ならまだしも、プ―とならされると腹が立ちます。昔信号待ちでプ―と慣らされて怒ったやくざがならした相手に暴力をふるうという記事が新聞に載ったことがあります。そうです、女性だとつけ上がったりする卑怯な人間は大勢います」(小溝)


 

2017年9月28日



死にしあと
天国地獄煉獄と
離れ離れの
それぞれの永遠


(明子)

感想「9月28日の明子さんへ  それぞれの永遠というのが怖いです。地獄だったら。」 (めい)2017年9月30日


☆☆☆


 

今日寄せられた感想

「9月1日エマさん。最後にディ○○が言った言葉。格差的呪いの言葉か、悪かった、という謝罪の言葉。前者だと思う」(ちば)


2017年9月27日




今日の出来事

1、地元の大手の〇〇銀行に行きました。ある契約の口座引き落としを解約したかったので、最初に申し込んだときの書類(お客様控え)を持って窓口に行きました。

私「この契約の口座引き落としを解約したいんですけど」
行員「(お客様控えは)一枚だけでしたか?二枚ありませんでしたか?」窓口の20代前半の若い女性の行員さんが不思議そうな顔をしてます。
私「え?一枚だけしかもらっていませんけど」

普通はお客様控えは一枚しかもらわないじゃないか?と思いました。すると奥に引っ込んで先輩らしい行員さんと難しい顔して相談しています。ふたたび名前を呼ばれて窓口に行くと「もう一度申し込書を書いてください」というのです。私はますます意味が分からなくなりました。

私「もう一度申込書を書きなおして、そしてから解約書を書かなければいけないんですか?」
行員「ああ!解約ですね」
私「そうです、解約です」私はここで初めて、行員さんが解約を申し込みと勘違いをしていたことに気づきました。行員さんの勘違いなのに、すみませんの一言はありませんでした。

帰り際に「ありがとうございました」と行員さんの顔を見て言いましたら、行員さんは下を向いたまま含み笑いのような顔で「お待たせしました、ありがとうございました。」と言いました。彼女の中では私の言い方が悪かったことになっていたのでしょうか。それとも私が怒っていると思い顔を上げられなかったのでしょうか、だとしたら私が反省しなければなりません。とてもきれいなお嬢さんでした。

2、その直後ディスカウントストアの駐車場で、前を走っていた車が駐車するのを待っていたら、私の左に駐車してあった黒いフォルクスワーゲンがクラクションを鳴らしてどけ!といいました。私の車で自分が出られないから怒ったのでしょう。私は、うるさい、とつぶやきました。

家に戻り子どもに話しましたら「それはあおられたんだよ」と言います。ああそうか、あれもあおりというのか、と気づきました。いつぞやのさちさんの歌と同じであおられたんですね。寝っころがってスマホを見ながら「そういうのは弱い者いじめしかできないんだよ~」と悟りきったように言う子どもの姿がおかしくもありました。(エリィ


感想

「9月27日エリィさん。今はあらゆるサービス業でプロ意識が低下していると思います。クラクションも、プップッと言う二回ならまだしも、プ―とならされると腹が立ちます。昔信号待ちでプ―と慣らされて怒ったやくざが慣らした相手に暴力をふるったという記事が新聞に載ったことがあります。そうです、女性だと付け上がったりする卑怯な人間は大勢います」(小溝)2017年9月29日


☆☆☆


 

缶コーヒー
飲みつつベンチで空をみあげる
大好きな時間神様ありがとう 


(さち)

感想

「9月27日のさちさん。 さちさんは忙しい日々を送っておられる人ですね。」 (ムトウ)2017年9月30日


黒い雲
ヴァチカン覆い
ひたすらに
人権叫び神はなおざり


(明子)

感想「9月28日 明子さん。偽預言者は人権を叫ぶ!」(レリック)2017年10月3日


☆☆☆


      

今日寄せられた感想

「9月20日明子さん。十字軍の祈りは毎日祈ります」(レリック)


2017年9月25日



人間は
霊と体の被造物
ロザリオ握り
バーベル挙げるか


(明子)


義務が優先
それはわかっているけれど
祈れずロザリオ握って寝ちゃう


(さち)


      

今日寄せられた感想

「9月21日明子さん。あの教会ですね。私も一度行ってみたいです。」(あお)
「9月21日さちさん。聖堂へかけてく姿が、目に浮かびます。」(あお)

☆☆☆




2017年9月23日



うめの日記

何処かに向かっている。黒い靴下かストッキングで歩いていて、干潟のような海岸のようなところを通る時に、靴下だから歩けない。爪先立って、また上を普通に歩いて、そこを通り過ぎる。(うめ)



☆☆☆




時がない
やる事多く
時がない
あたふた終わる
永遠分の一日


(明子)


虫は嫌い
でもテントウムシは好きだという
Ladybirdは聖母のマント


(さち)






☆☆☆




 

2017年9月21日



上京し
友に引かれて教会に
御像の名前
聖トマス・小崎


(明子)


感想「9月21日明子さん。あの教会ですね。私も一度行ってみたいです。」(あお)2017年9月25日


無性に祈りたくなって
聖堂めざして坂道下る

(さち)


感想「9月21日さちさん。聖堂へかけてく姿が、目に浮かびます。」(あお)2017年9月25日

☆☆☆




   

2017年9月20日




これ、本人から直接聞いた話ではないんですが、だいぶ前にある人から聞いた又聞きの話です。

でも、その方は信頼できるカトリック信徒です。地方の教会の話。細かい所は、大分時間がたっているので不正確かもしれません。

ある婦人が、日曜の朝に教会に行くためにバス停で並んで待っていた。その列には、もう一人の婦人がやはり教会に行くために列に並んでいました。

そのお二人が親しいというのではなかったと記憶しています。何かの理由で、片方の方が、あるいは互いに疎んじていたといった感じで伝えられたと記憶しています。

その婦人の後方に並んでいたもう一人の婦人が、何かの理由で、家に引き返したそうです。忘れものか、具合が悪くなったか、あるいは何か他の理由でかは覚えていません。とにかく、そのもう一人の婦人は、列から離れて自宅のある方向に田舎の一本道を歩いて帰って行ったそうです。

その女性はてくてく歩いてゆき、だいぶ小さくなってからその一本道を左折して消えた。それはバスを待っている婦人からははっきりと見える位置にあった。

歩いて行った夫人がちょうど左折して視界から消えたときにバスが到着した。婦人はバスに乗り込み、教会前のバス停で降りた。ふと後ろを振り返ると、あのバス停から自宅へ帰って行った婦人がバスから降りてきたのでした!これは実話です。その婦人はぞっとして、そのまま足早に教会に向い、二度と後ろを振り返らなかったそうです。(ショウ



☆☆☆




やることが
多き一日汗ぬぐい
膝元に置く
天の祈り集

(明子)

感想「9月20日明子さん。十字軍の祈りは毎日祈ります」(レリック)2017年9月27日

休日の
携帯ショップ待ちながら
芸能ニュースをみるつらさ

(さち)


☆☆☆




今日寄せられた感想

「9月19日 明子さん。天のメッセージは、今と永遠を結ぶ小舟」(レリック)

2017年9月19日



メッセージ
ひねもす読みて眼を閉じる
浮かぶ小舟は
永久(とわ)の波間に

(明子)

感想「9月19日 明子さん。天のメッセージは、今と永遠を結ぶ小舟」(レリック)2017年9月20日



ももちどり
私の気持ちをおける場所
作ってくれてありがとう

(さち)


ここ掘れワン!
ここ掘れツー!
ここ掘れスリー!

(三瓶)




今日寄せられた感想

「9月18日 明子さん。イエズス様のはりつけが私達の罪と関係あるということをつい忘れがち」(レリック)

         

☆☆☆




2017年9月17日



柿食えば
入れ歯鳴る鳴る
そんな爺(じい)

(三瓶)


感想「9月17日の三瓶さんへ  目に浮かびます(笑笑笑)」(さつき)9月18日 


ロザリオをつぶやきながら歩く道
空いちめんが聖母の青いろ

(さち)


 感想「9月17日 さちさん。絵本のような歌です」(小百合)2017年9月18日


   

powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional